和歌と俳句

飯田蛇笏

前のページ<< >>次のページ

音ひしと盤面をうつ蠅叩

明月に馬盥をどり据わるかな

稲扱く母にゑまひなげゆく一生徒

秋耕にたゆまぬ妹が目鼻だち

ふなべりや上げ汐よする水燈會

玉蟲の死にからびたる冬畳

雪つけて妻髪枯れぬ耳ほとり

汝が涙炭火に燃えて月夜かな

寒禽を捕るや冬樹の雲仄か

寒林の陽を見上げては眼をつぶる

月のゆめを見しおもひ出や落葉焚く

太箸やいただいておく静心

雪の松ほのぼのとして着初かな

街路樹に仰ぐ日ふるふ余寒かな

馬の耳うごくばかりや花曇り

春山や鳶のたかさを見て憩ふ

薄月も夜に仰がれて挿木かな

蜆川うす曇りして水の濃き

木々の芽にかけ橋きよき風雨かな

ぱらぱらと日雨音する山椿

長橋におとろふる日や花堤

澄む水にみよしうごきて花吹雪

塗り畦にたんぽぽちかくありしかな

夜明りに渦とけむすぶ鵜川かな

めづらしやしづくなほある串の