和歌と俳句

飯田蛇笏

前のページ<< >>次のページ

月雪や萎みかさねて垣の薔薇

燈籠やながれてはやき蒲の川

逆汐にたかだかと泛く燈籠かな

ひとり寝の身のぬくもりや秋の夜

ひややかにのべたる皺や旅衣

秋分の時どり雨や荏のしづく

月の木戸しめ忘れたる夜風かな

あき雨に澄む舟つきの砂崩れ

秋虹や草山映えて一とところ

秋の雲しろじろとして夜に入りし

山霧のしげきしづくや眞柴垣

つくり終へて門川越ゆるかかしかな

かかし傘の月夜のかげや稲の上

樽あけて泡吹かれよる新酒かな

いとなみて月夜ばかりの子規忌かな

子規の墓に詣でごころや手をふれて

せきれいに夕あかりして山泉

松たかくながれ返りて夕とんぼ

吹き降りや稲田へ橋のゆきもどり

雨に剪つて一と葉つけたる葡萄かな

曼珠沙華茎見えそろふ盛りかな

山の霧罩めたる柿の雫かな

ほほづきの大しづくする籬かな

うす霧に日あたる土の木の實かな

瀧ぐちののしげりや雲這へる