和歌と俳句

飯田蛇笏

前のページ<< >>次のページ

めぐまんとする眼美し小春

舟べりのしづかなる水面かな

霜芝や日影をあびて沓の泥

雪やんで月いざよへる雲間かな

老ぼれて子のごとく抱く湯婆かな

水禽に流転の小首うちかしげ

泉水に顔をうつすや花曇り

春猫や押しやる足にまつはりて

昼月や雲かいくぐる山燕

老いそめて花見る心ひろやかに

二三片落花しそめぬ苗桜

折りとりし花のしづくや山さくら

花ちりしあとの枯葉や墓椿

麦秋の蝶吹かれ居ぬ唐箕先

二た媼梅雨に母訪ふ最合傘

簾外のぬれ青梅や梅雨明り

なかなかに足もと冷ゆる梅雨かな

澤瀉の葉かげの蜘蛛や梅雨曇り

西晴れて月さす水や蚊遣香

蟲干のあつめし紐や一とたばね

雨蛙とびて細枝にかかりけり

うち水にはねて幽かや水馬

花桐に草刈籠や置きはなし

白蓮やはじけのこりて一二片

蓮濠やすでに日當る人通り