和歌と俳句

飯田蛇笏

前のページ<< >>次のページ

障子貼る身をいとひつつ日もすがら

ゆく雲にしばらくひそむ帰燕かな

風さそふ落葉にとぶや石たたき

山風や棚田のやんま見えて消ゆ

よくはれて霜とけわたる垣閧ゥな

帰りつく身をよす軒や雪明り

なでさする豊頬もちて入営子

市人にまじりあるきぬ暦売

一と燃えに焚火煙とぶ棚田かな

冬籠日あたりに臥てただ夫婦

草枯や鯉にうつ餌の一とにぎり

山寺やたかだかつみてお年玉

億兆のこころごころやお年玉

年寄りてたのしみ顔や絵双六

ただ燃ゆる早春の火や山稼ぎ

ゆく春や松柏かすむ山おもて

いきいきと細目かがやくかな

夜の雲にひびきて小田のかな

土くれや木の芽林へこけし音

焼けあとや日雨に木瓜の咲きいでし

ちる笹のむら雨かぶる竹の秋

夏雲や山人崖にとりすがる

人うとき温泉宿にあらぶ雷雨かな

夏旅や温泉山出てきく日雷

夏山や風雨に越える身の一つ