和歌と俳句

飯田蛇笏

前のページ<< >>次のページ

睡蓮に日影とて見ぬ尼一人

はざくらや翔ける雷蝶眞一文字

山賤や用意かしこき盆燈籠

身一つにかかはる世故の盆會かな

信心の母にしたがふ盆會かな

盆経やかりそめならずよみ習ふ

霊棚やしばらくたちし飯の湯気

形代やたもとかはして浮き沈み

筆硯わが妻や子の夜寒かな

秋虹をしばらく仰ぐ草刈女

山の戸やふる妻かくす秋の蚊帳

うちまぜて遠音かちたるかな

山風にゆられゆらるる晩稲かな

無花果や雨餘の泉に落ちず熟る

むら雨に枯葉をふるふささげかな

秋の蚊や吹けば吹かれてまのあたり

せきれいのまひよどむ瀬や山颪

桔梗の咲きすがれたる墓前かな

山寺や齋の冬瓜きざむ音

はつ冬や我が子持ちそむ筆硯

雲ふかく瀞の家居や今朝の冬

冬晴や伐れば高枝のどうと墜つ

冬凪ぎにまゐる一人や山神社

火屑掃くわが靴あとや霜じめり

遅月にふりつもりたる深雪かな

こもり居の妻の内気や金屏風

絵屏風や病後なごりの二三日

障子あけて空の真洞や冬座敷