和歌と俳句

飯田蛇笏

前のページ<< >>次のページ

歳旦や芭蕉たたへて山籠り

早春や庵出る旅の二人づれ

かへりつく庵や春たつ影法師

山風にながれて遠き雲雀かな

風呂あつくもてなす庵の野梅かな

春さむや翁は魂の雲がくれ

夏旅や俄か鐘きく善光寺

夕雲や二星をまつる山の庵

盆市の一夜をへだつ月の雨

さるほどに泣きこゑしぼる音頭取

ひしめきてただひと時の墓参かな

ささぐるや箸そふ盆供手いつぱい

雲を追ふこのむら雨や送り盆

秋暑したててしづくす藻刈鎌

ゆかた着のたもとてれなき秋暑かな

草籠に秋暑の花の濃紫

秋風や笹にとりつく稲すずめ

秋山やこの道遠き雲と我

月さそふ風とさだむる子規忌

かな

蟲の夜の更けては葛の吹きかへす

ひぐらしの遠のくこゑや山平ら

霧の香に桔梗すがるる山路かな

園生より霧たちのぼる一葉かな

唐がらし熟れにぞ熟れし畠かな

年の瀬や旅人さむき灯をともす