和歌と俳句

飯田蛇笏

前のページ<< >>次のページ

邯鄲や日のかたぶきに山颪

桔梗やまた雨かへす峠口

あをあをとかたちきびしきかな

池籬やすがるる蔓はなれ

葛の葉や瀧のとどろく岩がくり

叢や吾亦紅咲く天気合ひ

瓢箪に先きだち落つる零餘子かな

ちるほどに谷あひ曇る紅葉かな

観楓の風をいたみて精舎かな

山柿や五六顆おもき枝の先

なまなまと枝もがれたる柘榴かな

厭ふ手にもらひこぼるる棗かな

谷川に幣のながるる師走かな

積雪や埋葬をはる日の光り

鶲来て棘つゆふくむ山椒かな

野阜や一と株のの花ざかり

落葉すや神憑く三つの影法師

なつかしき睦月のちりやすずり筥

宿院の世に古る炉辺の飾りかな

初弓や遠く射かけてあやまたず

さえ返る精舎の春の雲井かな

清明の路ゆく媼が念珠かな

ゆく春の月に鵜の鳴く宿りかな

山寺や花咲く竹に甘茶仏

颯つと展墓の花を打ちにけり