和歌と俳句

飯田蛇笏

前のページ<< >>次のページ

夏めくや霽れ雷のひとつぎり

夏立つや禿山すかす不浄門

麦秋や痩馬牽きて長手綱

夏の雨花卉あらはなる磯家かな

荊刺に夏水あさき野澤かな

山泉杜若實を古るほとりかな

観瀑や風に流るる石たたき

帰省するふるさとみちの夜市かな

手弱女の目のなまめきや暑気下し

いかなこと動ぜぬ婆々や土用灸

藺を刈るやうすばかげろふ笠につく

古家や冷奴おごりなれねども

郭公に耳かす齋や山の坊

瀧しぶきほたる火にじむほとりかな

深山木に雲行くのしらべかな

竹落葉渓の苔岩乾るまなき

雨霽れや夏木おもての雲がかり

畑草や青酸漿もみのり時

竹の實に寺山あさき日ざしかな

うろくづに雨降りしづむ盆供かな

たくらくと茄子馬にのる佛かな

御墓参のなみだをかくす故山かな

香煙や一族まゐる藪の墓

つつぬけに裏戸の花卉や秋の昼

秋の昼一基の墓のかすみたる