和歌と俳句

飯田蛇笏

前のページ<< >>次のページ

山鴉遠くこたへて百千鳥

春蘭の花とりすつる雲の中

苅籠やわけて虎杖いさぎよき

後架にも竹の葉降りて薄暑かな

入梅や墓さむげなる竹のつゆ

空蝉をとらんと落す泉かな

首なげて帰省子弱る日中かな

夏帽に眼の黒耀や恋がたき

谷雲に夏鶯は枝のさき

おもざしのほのかに燈籠流しけり

水向や貧一燈につかまつる

年寄りて信心かたし生身魂

秋の日や草臥れ足の一葉ふむ

茨の實や大夕焼も野渡の景

とりもちて蕃椒枯れそ唐錦

雲霧や嶽の古道熟す

爪たてて山柿しぶし麓路

杣山やたかみのに雲かかる

橡の實の山川まろぶひとつかな

とちの樹のもみづるほどにおつ實かな

寒風呂に上機嫌なる父子かな

冬雲や峯木の鴉唖々と啼く

藪なかや朽ち垣ぬらす初時雨

雪みえて雲ぬく嶽の日和かな

冬霞む鳶のなくなり五百重山

寂として座のあたたまる火鉢かな