和歌と俳句

飯田蛇笏

前のページ<< >>次のページ

鹿垣や青々濡るる蔦かづら

やがてまた下雲通る案山子かな

風雨やむ寺山うらの添水

月遠き近江の宿の夜食かな

月虧けて山風つよし落し水

うばたまの夜学の窓をあけしまま

老鹿の眼のただふくむ涙かな

嶽々と角ふる鹿の影法師

秋蠅や人丸庵の飯にとぶ

いくもどりつばさそよがすあきつかな

菊さけば南蛮笑ふけしきかな

秋茄子の葉と花を干す莚かな

霧罩めて日のさしそめし葛かな

葉鶏頭遅速もなくて日和かな

粟枯れて隣る耕土の日影かな

ほけし絮のまた離るるよ山すすき

をりとりてはらりとおもきすすきかな

刈籠に穂はちりぢりのすすきかな

逝く年や冥土の花のうつる水

山路見ゆ瀧川ごしの冬日和

深山木のこずゑの禽や冬の霧

ゆく雲やふりやむ寺林

冬服や襟しろじろと恙めく

落月をふむ尉いでし神楽かな

飄々と雲水参ず一茶の忌

杣山や鶲に煙のながれたる

浪際や茶の花咲ける志賀の里

土器にともし火燃ゆる神楽かな