和歌と俳句

飯田蛇笏

前のページ<< >>次のページ

草原や花うるみたる梅一樹

をりもちて木瓜ちりつづくみづ枝かな

神山や風呂たく煙に遅ざくら

深山みち風たつ花の名残りかな

ちる花のあはただしさよ昨日今日

大陶壺さす花もなく梅雨入りかな

雲ふかき筍黴雨の後架かな

大南風をくらつて尾根の鴉かな

峡とほく雲ぬく峯や日の盛り

夏山や常山木の揚羽鴉ほど

夏山の葛風たゆるときのあり

深草のゆかりの宿の端午かな

なつまけの足爪かかる敷布かな

雲水もともに假臥や青すだれ

月さして燠のほこほことを焼く

蟻いでて風薄暑なる杣の路

たかんなをさしかつぎしてつゆげしき

風波をおくりて深き蓮の水

葉裏よりおちたる蜘蛛や蓮の水

七夕のみな冷え冷えと供物かな

梶の葉に二星へそなふ山女魚

草市の人妻の頬に白きもの

秋たつや川瀬にまじる風の音

口紅の玉蟲いろに残暑かな

閼伽桶に秋暑の花のしづみけり