和歌と俳句

飯田蛇笏

前のページ<< >>霊芝

宵闇や竃火に遠き蔵びさし

山なみに高嶺はゆがむ秋の空

くづれたる露におびえて葦の蜘蛛

山びこに耳かたむくる案山子かな

磐石をはしれる水の石たたき

折りとりて花みだれあふ野萩かな

浪々のふるさとみちも初冬かな

極月やかたむけすつる桝のちり

極月の竃火みゆる巷かな

常盤木の葉のてらてらと冬日かな

枚岡の神代はしらず雪曇り

雪ふかく足をとどむる露井かな

北風やほとけの足のぶうらぶら

松風にきき耳たつる火桶かな

温石の抱き古びてぞ光りける

鰒鍋や酔はざる酒の一二行

ちりひぢの袖のふるびや寒念佛

寒鯉のあらはの鰭や古盥

樹のうろの藪柑子にも實の一つ

見下して瀧つぼふかき冬木かな