和歌と俳句

飯田蛇笏

前のページ<< >>次のページ

柑園に雪ふる温泉の年始

ふるさとの年新たなる墓所の雪

餅花に宿坊の爐のけむり絶ゆ

抱へたる大緋手鞠に酔ふごとし

饗宴にくちべに濃くてさむき春

窓掛に暮山のあかね春寒し

小野の鳶雲に上りて春めきぬ

洞門に昼月もある遅日

潮干舟新月は帆にほのめきぬ

裏筑波焼け木の鳶にうす霞む

東風吹くや岩戸の神の二はしら

観潮の帆にみさごとぶ霞かな

かすみだつ漁魚の真青き帆かげかな

陽の碧くむら嶺の風に来ぬ

下萌や白鳥浮きて水翳す

八重雲に山つばき咲きみだれけり

鵯のゐてちるともなしに渓の

聖逝けり雙柿舎の草青むころ

貧農の煙りのうすき花の山

靴下の淡墨にしてさくら狩り

花どきの空蒼涼と孔雀啼く

かもめ飛ぶ観潮の帆の遅日かな

東風吹いて山椒魚に鳶啼けり

囀りに風たつ雲のながれそむ