和歌と俳句

飯田蛇笏

前のページ<< >>次のページ

初夏の嶺小雨に鳶の巣ごもりぬ

初夏の卓朝焼けのして桐咲けり

わが浴むたくましき身に夏の空

虹消えて夕焼けしたる蔬菜籠

深山寺雲井の月に雷過ぎぬ

ながれ出て舳のふりかはる鵜舟かな

やまみづの珠なすの葉裏かげ

鎌かけて露金剛のかな

大槐樹盆會の月のうす幽し

僧の綺羅みづみづしくも盆會かな

聖堂の燭幽かにて花圃の秋

秋しばし寂日輪をこずゑかな

秋口の粥鍋しづむ梓川

大巌にまどろみさめぬ秋の山

渡り鳥山寺の娘は荏を摘める

秋蠅もとびて大堰の屋形船

巌山の葛咲きかへす残暑かな

新涼や土器の火を袖がこひ

海も土牢も霧昼深し

夕霧に邯鄲のやむ山の草

渓巌に吹きたまりたるあられかな

炉をひらく火の冷えびえと燃えにけり

炉辺に把る巫女の鈴鳴りにけり

寒鶯の八つ手の花にしばしゐぬ

の咲いて十字架祭もほど過ぎぬ