和歌と俳句

飯田蛇笏

前のページ<< >>次のページ

鵯猛けく稚木の椿さく峯かな

椿咲く針葉樹林拓かれぬ

さざき鳴く破風老梅の咲き満てる

渓声に山羊鳴き榛の花垂りぬ

夏近き禁裡の雲に啼く鴉

温泉山みち凝る雲みえて躑躅咲く

花冷えや孔雀の紫金夜をめげず

行く春の亭に子女よる嶽一つ

花卉の春しろがねの蜘蛛顫える

侘びすみて百花あまねく悩む春

喫茶房白樺植ゑて暮春かな

初旅の亀山の月曇る春

竹林に透く日となりし茶山かな

あたたかや荼毘堂灯る桃の昼

辣韮の露彩なして夏近き

ゆく春の蟹ぞろぞろと子をつれぬ

ゆわかしに花のうつむく薄暑かな

山梔子の蛾に光陰がただよへる

鷺翔けて雷遠ざかる翠微かな

鳴いて遅月光る樹海かな

妹を率て金剛力や富士登山

日も月も大雪渓の眞夏空

山梔子に提燈燃ゆる農奴葬

朝雲の灼けて乳牛に咲けり

紫陽花に雨きらきらと蠅とべり