和歌と俳句

飯田蛇笏

山響集

前のページ<< >>次のページ

繋船に星ちりばめて初夏の闇

晴るる日も嶽鬱々と厚さけり

夕虹に蜘蛛のまげたる青すすき

会釈して炎天の女童ふとあはれ

たまきはるいのちともするすずみかな

梅雨のまのひととき映ゆる金華山

瀧霧にほたる火沁みてながれけり

夏衿をくつろぐるとき守宮鳴く

礁貝の潮がくり咲く薄暑かな

雲移りこずゑの蜻蛉とぶにたふ

ひとつなきおとろふるこゑちぎれ

地をふみて秋を侘びしき鵜匠かな

秋蝉に午後はわびしき雲あかり

山中の帆に高西風のつばくらめ

墓参して瞳の鮮しき童女かな

いざよひの紺地金泥雲の閧ノ

蕎麦さきて機影あしたの雲にみゆ

高翔けす樹海の蝶に秋の虹

帰還兵のせし老馬に四方の

日は粛と傷兵還り山河澄む

藪の端に大年移る月錆びぬ

寒禽に寄生木の雲ゆきたえぬ

瀧川の冬水迅くながれけり

窓掛に苑の凍光果をたもつ

絨毯のあしおと吸うて冬日影