和歌と俳句

飯田蛇笏

山響集

前のページ<< >>次のページ

冬もみぢ端山の草木禽啼かず

たちばなに冬鶯の影よどむ昼

凍光に放心の刻ペチカもゆ

祝祭の嶺々厳しくて寒の入り

絨毯にフラスコ転び寒の内

容顔をゆがめて見入る冬鏡

樹氷群れ蒼天星によみがへる

鷹まうて神座のたかねしぐれそむ

渓すみて後山まぢかくしぐれけり

煙たえて香炉の冷える霜夜かな

鬱々とまた爽かに嶽のひる

山梨熟れ穂高雪渓眉の上

旅人にしぐれて藍き嶽鎧ふ

秋風や聳えて燻る嶽の尖き

雲閧烽ヲ笹一色に秋の嶽

焼嶽晴れて陽にむきがたし秋の空

噴煙に月出て旅も神無月

人や来と見かへる樹林秋の昼

秋の空穂高嶺雲をゆかしめず

熊笹の實にいちじるく赤とんぼ

あきつとぶ白樺たかき夕こずゑ

みすずかる信濃をとめに問はな

白靴に朝虹映ゆる河童橋

秋の風魚すみがたく長藻ゆる