和歌と俳句

飯田蛇笏

山響集

前のページ<< >>白嶽

まつ赤なる涅槃日和の墓つばき

堰おつるおとかはりては雪解水

巫女に冴返りたる燭の華

岨の日は蕩々と禽啼かず

しば垣はぬれ白梅花うすがすむ

谷の梅栗鼠は瀟洒に尾をあげて

谷梅にまとふ月光うすみどり

ランチ終へ出る霽色に薔薇さけり

やはらかに月光のさす白薔薇

青草の凪蒸す薔薇の花たわわ

風鈴に雨やむ闇の更たけぬ

窓近く立葵咲く登山宿

五湖のみちゆくゆく餘花の曇りけり

群ら嶺立つ雲海を出て夏つばめ

夏嶽の月に霧とぶさるをがせ

合歓咲いて嶽どんよりと川奏づ

草は冷め巌なほ温く曼珠沙華

積雪に月さしわたる年の夜

月よみのわびねにひかる大みそか

冬晴れし夢のうすいろ遠嶺空

茶の花に空のギヤマン日翳せり

清流は霜にささやき寒の入り

風邪の子の餅のごとくに頬豊か

年ゆくや山月いでて顔照らす