和歌と俳句

飯田蛇笏

白嶽

前のページ<< >>次のページ

大温泉嶽秋の日はたとおとろふる

瀧川に影法師して岩魚釣

夕焼けて温泉空をわたる群蜻蛉

富士暁けて秋雲ひらく禊かな

禊ぐ秋山中湖波をひそめたり

芋の葉の露曼荼羅に軍鶏のこゑ

晩祷の黒衣をひきて冬の尼

午後凪ぎて繞る山脈冬至きぬ

富士の野は伏屋の障子月ぞ照る

寒きたり相いましめて嶽そびゆ

奥嶺よりみづけむりして寒の渓

とり入るる柴の凍雪炉におちぬ

凍雪をはたはたとうつ山おろし

日常のなげきに狎れつ冬に入る

冬ひと日うれひある身の花を提ぐ

冬日翳こころおびゆる日を経たり

よるべなく喞つ哀愁炭火もゆ

年の瀬のまづしき蒲団垣に濡る

放心にひまなくもゆる除夜の炉火

もののけに小童ねむる除夜の炉火

一塊の冬嶽雲にしぐれ霽れ

ふるさとや禮容嚴と冬大嶺

さむざむと雲ぬく嶽に月あそぶ

雪の嶺にゆめいろふかき日和空

冬の富士日星おほらかに又きびし