和歌と俳句

飯田蛇笏

白嶽

前のページ<< >>次のページ

新年の深雪ぬくとく愛馬飼ふ

雪あらた嶽ちかぢかと年むかふ

あらたまの年のひかりに萬年青の實

雲きれて初富士の雪ややくらし

雪解川鳶浮く雲にひびきけり

ぎんねずに朱のさばしるねこやなぎ

ねこやなぎ名残りの雨に日の通る

花の月いさをの諸霊とこしなへ

春着きて流離の袖をあはせけり

杣の子が雉子笛ならす暮春かな

春惜しむ湖凪ぎて富士涵る

阿難越え春行く富士を仰ぎけり

雨水に杉菜涵りて夕蛙

豌豆の手の枯れ竹に親すずめ

千代田城松みどりなる大旦

天さかる鄙のはつ虹年新た

西空切れてはつやまびこに機はじめ

初能の灯は幽かにて月ゆがむ

春嶽の甌窶にあそぶ花曇り

東風の日や啼く鳶天にとどまりて

東風ふいて巣箱にひくき穂高嶽

焼嶽に月のいざよふ雪解かな

宿雪解くまひるの風に山つばき

日の光りつばさ煽りて山つばき

父祖の地の苔なめらかに椿おつ