和歌と俳句

飯田蛇笏

白嶽

前のページ<< >>次のページ

新墾の土にうるほふ落椿

おちつばき風にころがりはこび雨

ひとつづつながれてゐざるおちつばき

くちづけて連翹あまき露のたま

連翹花咲きたるる地の霑へり

咲いてうす靄こむる陵墓かな

たちよるや梅の下水月涵る

豌豆のさく土ぬくく小雨やむ

まひよどみおほながれしてひばりなく

日輪にきえいりてなくひばりかな

上りつめうしろさがりにひばりなく

ひばり啼き富士雲隠る湖畔みち

霽雲に富士は藍青ひばりなく

雲に啼き西湖にうつるひばりかな

聖祭に春の雪ふる蘇鐵苑

収穫れを尼僧もすなるキャベツかな

初夏の手籠に満てし紅蕪

娘がかせぐ初夏の菜園渓向ひ

初夏のみちぬれそむ雨に桑車

うすいろに奥嶽聳ゆる皐月空

火山湖にとほく小さき皐月富士

藍々と五月の穂高雲をいづ

苗代の日雨こまやかゆすらうめ

山櫻桃熟れ老農夙に畦をぬる

葉ざくらに人こそしらね月纖そる