和歌と俳句

飯田蛇笏

白嶽

前のページ<< >>心像

高浪にかくるる秋のつばめかな

青草もほのぼのもゆる門火かな

はつ嵐小猿に鷲はこずゑかな

さむざむと日輪あそぶ冬至かな

軍国の埠頭のに靴鋲鳴る

宙凍てて枯木にひびく日の光り

売文のもろ爪凍る身そらかな

日短く棺さしのぞくうからかな

日短く葬者のもろき泪かな

凪いで鵞の泛く漣のくらみけり

隊列に雪ちる軍靴おとつよむ

天あをく枯無花果に雪こぼす

嶺々遠く雪の明暗大日和

冬の水すこし掬む手にさからへり

マスクせる兵の感涙きらびやか

薪水に風邪妻の手のさやかなる

温室とぢて天禮幽に冴ゆる

水翳に凍鶴の羽の吹かれもす

羽をのして鶴啼く寒の日和かな

雲もなく陽はゆきやまぬ焚火かな

好日の落葉をのせたるたなごころ

落葉尽く岨路をゆけば沓の泥

大冬の雲なき群ら嶺ねむり入る

燈をささぐ暁まだくらし神楽姫

極月八日潮の明暗醜を攘つ

枯れすすきかさへるばかり岨の雨

時雨やみわがこころばえ地を愛す