和歌と俳句

飯田蛇笏

心像

前のページ<< >>次のページ

雲うらをかすむる機影鬼やらひ

三月の雲のひかりに植林歌

羽をふくむ園生の小禽水ぬるむ

火山湖のみどりにあそぶ初つばめ

雲下りて湖の嶋山きぎす啼く

にとまりて青き山鴉

はしる瀬に梅さきつづく埴生路

乳牛は臥て紅梅の二三りん

荒れなぎて圍の蜘蛛黄なる山泉

にひばりの暮るるに遅き夏雲雀

慾なしといふにもあらず初浴衣

泉石にきて禽せはし秋の影

遠き瀬の音はなれたは秋出水

ひよりよく奥嶽そびえ秋彼岸

しつけ絲ふくむ哀憐秋袷

瀬しぶきにうつろふ霧や吾亦紅

熟れいろのにはかにしげき唐辛子

南蛮の日向すずろにふまれけり

山柿の雨に雲濃くなるばかり

湖波の畔にたたみて涵る

兵の兒を爐にだく霜夜いかにせん

鴛鴦うくや林閧フ瀬のあきらかに

鹿苑をめぐりて水の雪日和

爐隠しに轡かかりて暮雪ふる

井戸水のつりこぼるるや雪中廬