和歌と俳句

飯田蛇笏

心像

前のページ<< >>次のページ

狷介の顔を窗邊に花ふぶき

咲いて風の日輪たかかりき

はなびらのぬるるしどみに風吹けり

焼け塚に木瓜さく土のなだれけり

さきさかるつばきの紅のややくらき

北冥く漁港彎りてつばき咲く

終戦のをかなしき小夜の曲

荼毘ついで濃くなるばかり秋の闇

露晴るるほすすきの金ただにゆれ

秋風の吹く渓流をわたりけり

柑園の家禽にふかまりぬ

雪をゆく二押し三押し猫車

書庫さむうふみ通ふより茶梅咲く

雪片のはげしく焦土夜に入る

詣でたる新墓の前雪光る

隠棲の藪木の啄木にゆきぐもり

後山の月甍のごとし初昔

つむ帷子雪のふまれけり

うすかすむ嶺々の全貌を前

おもかげを墓前にしのぶかすみかな

あまぐもはしろし詩文に冴返る

奥峰のたちかさなりて暮の春

兒をだいて髪を小詰めに花日和

山風の吹きおとろふる梅月夜

夕焼けて巌をめぐる鮠の水