和歌と俳句

飯田蛇笏

心像

前のページ<< >>次のページ

萱草の芽に雨しみる田径かな

春耕の子をいたはりて妻老いぬ

豌豆の花のいちいちあからさま

窗の樹やたかだかと濃むらさき

枯山をほとばしる瀬のねこやなぎ

わが影す野渡昼ふかきねこやなぎ

花びらの肉やはらかに落椿

西霽れて窗の木がくれ白椿

風にゆれ藤をまとひて山つばき

地の靄に花は疎なりき枝垂れ桃

花桃の蕋をあらはに真昼時

柑園をかくゆきぬけ咲けり

雲遠き塔に上りて春惜しむ

春ゆくや大堰の水にはやて吹く

醍醐より夜をとふ僧や花の冷え

春くるる供花は黄なりき小督塚

さきがけて初夏の山草花は黄に

白牡丹萼をあらはにくづれけり

合歓さける森の下草刈られけり

とらへたるひかり手をすくほたるかな

きりさめにほたる火しづむやへむぐら

かりかごのぬれ草にゐる初ほたる

てうつしにひかりつめたきほたるかな

ほたるかごまくらべにしてしんのやみ

雨気こめて宵闇の蒸すほたる川