和歌と俳句

飯田蛇笏

心像

前のページ<< >>次のページ

またおちてぬれ葉にとまる茄子の花

山かけて朝虹ちかく茄子咲けり

うすもやをこめて菜園夏ふかむ

むしあつく雨びびとふる胡瓜畑

胡瓜生るしたかげふかき花のかず

くさむらの茨にものびて胡瓜咲く

ただ憩ふ芝なめらかにおつる

秋耕の刻をたがへず茶のけむり

いくさ終ふ雲閧フ機影あきのかぜ

はなやかに秋空ふかき山泉

雪山のおもてをはしる機影かな

肉親の表札古ぶ雪の門

除夜の鐘幾谷こゆる雪の闇

焼嶽の月東風ふく雲にながれけり

かすむ日の畦土麥へそそぎけり

風鐸のかすむとみゆる塔庇

春耕の鍬かたぐ柄に手をたれて

雲なくて聳ゆうすいろ春の山

昏みたる泉にひたすほたるかご

瀧霧にまひながれゐるほたるかご

あるときは瀧壺ひくくほたる舞ふ

熟桃の古風なる香をめづるかな

苔庭の夜あさき雨に金魚玉

空梅雨に人かげしづむ拓地かな

あをあをと墓草濡るる梅雨入りかな