和歌と俳句

飯田蛇笏

心像

前のページ<< >>春蘭

雨あしの立夏をあらき拓地かな

夕昏るる梅雨の聖母に見惚れけり

しばぐりのいろづくほどにいがの数

秋燕妖しき朱ヶを頬にせり

とぶつばめはるけき秋や雲の隙

渓沿ひにつゆくさのさく黍畑

木の實だく栗鼠木がくれに秋しぐれ

國やぶれ天子は御所にいわし雲

山行きて終戦の情秋に似し

鰭さきの朱ヶほのかなる秋の鮎

かぼそくて地に伏す桔梗あきらかに

ひき水の野路よこぎりてみのる

ひややかにみずおといともひくかりき

山椒の雨あきらかに實のそみぬ

秋あつく地をあらはにも山おもて

泉くむ人の婆娑たる秋の影

秋耕の遠くよりきて泉掬む

とりいでし錦繍バッグ墓詣

温泉山路のおほつゆたるる鬼薊

うつりすぐ善女善男鴛鴦の水

雨月にも魚紋あきらか山の池

雪晴れて大瀬波うつスキー行

外濠の雪やむ波に霊柩車