俳句案内

飯田蛇笏

秋の句

十一
十二
十三
十四
十五
十六
十七
十八
十九
二十
二十一
二十二
二十三

冬の句

新年の句

春の句

夏の句

もつ花におつるなみだや墓まゐり

白菊のしづくつめたし花鋏

花すすき小垣の昼を鶏鳴いて

今朝秋や笏をいだけば袖ながし

茶筒かげそれも夜長の爐縁かな

橋からの釣糸ながし秋晴るる

水車の火幽かにもあるや月の渓

就中学窓の灯や露の中

露草に落木あまた端山かな

ゆく秋やかかしの袖の草虱

とりいでてもろき錦や月の秋

はつ嵐真帆の茜に凪ぎにけり

琴の音や芭蕉すなはち初嵐

炊ぎつつながむる山やの音

落し水鳴る洞ありて吸ひにけり

はつ汐にものの屑なる漁舟かな

秋川や駅にまがりて船だまり

酒肆を出て蘆荻に橋や秋の川

秋海のみどりを吐ける鳴戸かな

茄子畑に妻が見る帆や秋の海

秋海のなぎさづたひに巨帆かな

江上に月のぼりたる夜霧かな

杣の戸をしめきるの去来かな

燕去つて柝もうたざる出水かな

なんばんをくらふ蟲とて人の影

子規 漱石 龍之介 碧梧桐 虚子 鬼城 亜浪 山頭火 普羅 放哉 風生 水巴 月二郎 みどり女 石鼎 しづの女 万太郎 久女 青邨 秋櫻子 素十 夜半 麦南 悌二郎 鷹女 多佳子 青畝 耕衣 茅舎 汀女 三鬼 草田男 不死男 誓子 草城 不器男 立子 林火 楸邨 静塔 鳳作 たかし 波郷
俳句案内 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌案内 歌枕
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内 Jazz名盤案内