和歌と俳句

西山泊雲

地蔵会や堂後にすだくきりぎりす

地蔵会や鶏頭四五本残し掃く

落ちて広がる波や甕の水

夜稲扱くランプかすめて一葉かな

小芝かけてこぼれたる山路かな

芒皆刈られて池の円さかな

掘りあげし土管の土や鳳仙花

巨樹の根の光れる秋の雨夜かな

秋雨や汽車藪を出て嵯峨の駅

さみどりの森にみなぎる秋日

秋晴の嵯峨の藪裾通りけり

一本の薪にも凝りて道の

籾筵たゝむや木の葉選り捨てゝ

蟷螂や喰みこぼしたる蝶の翅

束の間の残照水に柳散る

コスモスや蝶も吹かれて風つよし

落穂干すや日に傾けて笊の底

月前や黍の孕み穂明かに

纜にしぶき煙や初嵐

ぽつぽつと黍の孕み穂初嵐

白壁に雨のまばらや初嵐

湛へし露落ちてはねたる葉一片

地蔵会や縄垣したる黍の径

足型も砂にほのかや鯊の水

散る柳波に揉まるゝ二三段