和歌と俳句

西山泊雲

散る柳纜石にかくる程

曼珠沙華傾き合ひてうつろへり

曼珠沙華塚穴一つとり囲み

黄昏や夕月明り稲架くる

新涼や濡れ纜の砂まみれ

江の島に朝寒の旭あたりけり

夜寒の道踏みこたへしは纜か

右手につく夜寒の比叡や加茂堤

野々宮の藪道くらし秋の雨

野々宮は藪間あかりや秋の雨

秋風に錠かゝり居る清水かな

秋風や藪の上なる昼の月

白露や草の中なる手水鉢

露時雨月代あかり華やかに

白露や天へするどき紫苑の葉

火祭の群集を染めて篝かな

火祭の草鞋にふむ火屑かな

蜻蛉の舞ひ澄む真向横向きに

池の面の日かげ日向や散る柳

日に光りせゝらぐ水や草の花

露草の花みづみづし野分晴

相対ひ夜長の巌峡の口

纜数多走れる月の渚かな

滝津瀬や一葉溺れて又見えず

雨晴れや紫苑を囲み蝶数多