和歌と俳句

石田波郷

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

紫陽花や別れて来る言一句

東京の辺や蝸牛の角伸びて

紫蘇濃ゆき一途に母を恋ふ日かな

今年竹檜傾く嵐かな

濡縁に母念ふ日ぞ今年竹

午すぎて旅に在りけりほととぎす

茶を買ふや麻布も暑くなりにけり

五月尽夕長きは明治より

二夜三夜傘さげ会へば梅雨めきぬ

蝸牛や雨ばかりなる駒場町

九十九里浜南白亀川口梅雨はれぬ

垂れ込めて腹くだしたる餓鬼忌かな

東京の椎や欅や夏果てぬ

百日紅心つまづき声からび

鱒の子のすでに紅らむほととぎす

椎若葉この刻雀ばかりかな

ひとり煮て伽羅蕗辛き五月かな

びしょぬれの豌豆摘むやほととぎす

六月の日の出かぐはし駒場町

牛の顔大いなるとき青梅落つ

緑さす歳月古りし框かな

十薬の花の十字の梅雨入かな

十薬や世に古りそめしわが俳句

露草の瑠璃十薬の白繁り合へ

新娶まさをき梅雨の旅路かな

六月の雨さだめなき火桶かな