和歌と俳句

石田波郷

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

若竹のひとり高しや軒雀

冷奴隣に灯先んじて

水無月の青女房の嘆言かな

雀らも西日まみれやねぶの花

くらがりの合歓を知りゐる端居かな

さるすべり近づかず道曲りけり

涛音のある日なき日やさるすべり

打つや天城に近くなりにけり

雨蛙鶴溜駅降り出すか

雀らも海かけて飛べ吹流し

筒鳥や楢の下草片敷けば

萬緑を顧みるべし山毛欅峠

照りそめし楓の空の朝曇

じだらくに勤めてゐたる大暑かな

かなかなやまだ出てをりし茗荷の子

蠅打つて熱出す兵となりしはや

石竹やおん母小さくなりにけり

六月やかぜのまにまに市の音

合歓いまはねむり合はすや熱の中

合歓の月こぼれて胸の冷えにけり

夕蝉や胸をめぐりて骨の数

棗より合歓あはれなり大雷雨

落ちて火柱みせよ胸の上