和歌と俳句

石田波郷

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

苦しけふ陥つるなり伯林は

道の上に菖蒲拾ふを見られけり

道すがら拾ひし菖蒲葺きにけり

坐りふさげ居りし卯の花腐しかな

金雀枝や基督に抱かると思へ

道の上に跼む他なき行 々子

香水の香を焼跡にのこしけり

荒筵沢瀉細く活けて住む

六月の女坐れる荒筵

まどか妻子は切に粥をふく

日々名曲南瓜ばかりを食はさるる

藤散るや三鬼がわたす米袋

の道牛飼人もいくさ経て

舷梯や母こそかなし夜の秋

尼の香の一筋暑し京都

萬緑のまつしぐらなり尼の肘

楸邨のありや祭の中を跼み行く

手を突けば数限りなき蟻地獄

玉蟲を拾はず過ぎて何恃まむ

西日中電車のどこか掴みて居り

夏河を電車はためき越ゆるなり

隠すなし藜諸共水浴び立つ

月見草百姓泣きしを思ひ出づ

朝焼の墓の真中の道掃きをり

朝焼や貨車突放す墓の上