和歌と俳句

石田波郷

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

均斉に桜桃並ぶ心安からず

の列離れて帰るほかはなし

梅雨の花病みて怠る謂れなし

暗黒にそそげる梅雨は子をへだつ

病者睡て足裏くろく梅雨晴間

梅雨日の出平安と思へどねむられず

梅雨雲に触れ飛ぶ鳥は遠飛ぶや

灯るごと梅雨の郭公鳴き出だす

静臥の胸見て来し動悸せり

兜蟲道標のもとにひとり死す

炎天や友亡きのちも憂苦満つ

雷去りぬ胸をしづかに濡らし拭く

向日葵や咲く前に葉の影し合ひ

悉く遠し一油蝉鳴きやめば

業苦呼起す未明の風鈴

わが斑猫妻と別れてかへす辺に

森出づる西日の道をおそれ行く

驟雨を伴れ来し病まざる草田男その夫人

晩夏光ベッドの端に身を起こす

病家族二つの蚊帳の高低に

桜桃を洗ふ手白く病めりけり

濃き低きを冠りぬ幾工場

虹消えて土管山なす辺に居たり

虹見し子の顔虹の跡もなし

煤煙急ぎ雲はしづかに朝焼けぬ