和歌と俳句

石田波郷

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

萬緑や山下るごと階下り

病む窓の鳩幾組ぞ菖蒲の日

粽解く斯く虔しく生き継がむ

病む吾の意気地なき日やえごの花

えご咲けば父見舞ふ母を憶ひ出でむ

眠れねば眠らずに居り蚊姥と

栗の花仰臥もつとも息苦し

卯の花や患者われらの森の道

朴の花今年見ざりし命かな

遠き合歓幾まばたきをしつつ見ゆ

合歓咲けば妻も病みけり病家族

合歓暮れて酸素ボムベのトラツク来

煎餅食ふ力も失せぬ日雷

玉蟲舞ふ樫と樟との間にて

病人の日課いそがし含羞草

雲に飛んで楢に戻りぬ黄金蟲

水中花培ふごとく水を替ふ

卯の花は咲けども起れず病われ

酸素音過不及なしや白菖蒲

巨き掌を賜ひ新茶を賜ひけり

かへり来し命虔しめ白菖蒲

巨き掌をわれに賜ひぬ白菖蒲

白菖蒲紅ほのとあり蘇る

郭公の拙き声を試みぬ