和歌と俳句

石田波郷

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

わが胸の骨息づくやきりぎりす

新涼や鳩の接吻日浴びそむ

遙かなるものばかりなる夜寒かな

雲幾重風樹幾群秋ふかむ

八重葎露こぞりたる彼岸かな

秋晴の増えし體重幾瓩ぞ

耳鳴につづきて残る晝の蟲

芋好きのわれに芋好きの妻子あり

朝寒の豆腐夜寒の豆腐かな

犬喰つて小夜寝がてなり秋の風

秋の夜の俳諧燃ゆる思かな

秋の夜の憤ろしき何々ぞ

秋の風萬の祷を汝一人に

うそ寒く落雁食ふ父と知れよ

秋の夜や落雁低し胸やけて

老父の手の笊見よや山椒の實

新米や佛飯の數昔ながら

飛雪来やこの秋菊を見ざりけり

明治節ふしどを換へて病めりけり