和歌と俳句

石田波郷

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

寸前や法師蝉ふゆるばかりなり

遅月の照らす衾やひき被り

露けしや松山人も消息なく

くらがりの又降りいだすきりぎりす

食むや若く哀しき背を曲げて

秋の風母子相搏あそべるも

うす衾秋の夜雨はそそぐなり

水藷といへども笑棄てざりき

椎栗もただ昏むなり渡り鳥

牛が頚伸ばして濡るるの秋

東京に妻をやりたる野分かな

焼跡に鯊釣りゐたる憂かりけり

百姓や五つくれたる笊の柚子

芋うるめあまりあたらに仏たち

杓の先糞尿迸しる朝の

かりがねの束の間に蕎麦刈られけり

かりがねやけふはなやぎし蕎麦の紅

いつまでも父母遠し新小豆

煮るもののわづかながらや暮の秋

姙りて鵙ふりあふぐこともなし

風の日や風吹きすさぶ秋刀魚の値