和歌と俳句

石田波郷

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

春寒く俥で着きし温泉宿哉

春寒や障子の外の目白籠

庭ひそと餘寒の寺の手水鉢

草萌や野焼の跡のすでに濃き

遠山は雨でありけり草萌ゆる

街道や陽色とけこむ雪解水

まなびやへ子等はい行きて花曇

蝌蚪みつつ衢にあるがごときあはれ

ひとつ蝌蚪いのち尊み且つ掌にす

蝌蚪の群かぞへむとすれば混迷す

バスを待ち大路をうたがはず

煙草のむ人ならびゆき木々芽ぐむ

あえかなる薔薇撰りをれば春の雷

さくらの芽のはげしさ仰ぎ蹌ける

浅き水のおほかたを蝌蚪のもたげたる

蝌蚪死ぬ土くれ投げつ嘆かるる

春暁の壁の鏡にベツドの燈

春暁の川を煤煙わたりそめ

大阪城ベッドの脚にある春暁

を見つつ冷たかりき

春暁のまだ人ごゑをきかずゐる

自動車の深夜疾走し散るさくら

散るさくら空には夜の雲愁ふ

花の下双猫夜の翳におぼれ

春日染まり自動車あふれゆき昏れぬ