和歌と俳句

石田波郷

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

なかぞらの鳩や大学枯れ果てぬ

寒椿つひに一日の懐手

霜の道馬糞その他をうべなへり

浅草や冬霧胸にあふれくる

冬の夜の皿もならさず兄妹

金色の階の嶮しや冬日閉づ

買溜めて暮の女の肘光る

帰り来て駅より低き寒の町

行人裡炭送り来し母の上

君長崎へ行くか沈々と酒寒し

唇甜めて英霊に禮す冬旱

二夜三夜兄妹會はず冬了る

鐵瓶の鳴るや兄妹汝を描き出づ

霜解くる町角ばかり駒場町

御手玉や二人の寒の女学生

熱き茶を飲んで用なし寒雀

笹鳴や一高の松その笹生

降るや父母の齢はさだかには

妹の婚期や雪のわづかに降る

河豚を煮てこの刻歳の逝きにけり