和歌と俳句

石田波郷

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

常磐木の槇の黝さや寒了る

寒三日月新婚の車砂利踏み出づ

短日も日曜なるや菓子を食ふ

友娶り然も在らぬか花八つ手

兄妹や寒の畳を拭ききしらせ

炭を挽く女の臀の幸福に

寄席を出し目鼻に寄るや冬の霧

木の影も笹鳴も午後人恋し

すぐもどる西の河原やはつしぐれ

雪泥やかかるところに年つまり

年越の女中おとしと詣でけり

四日より山にひびけや湯揉唄

冬の鵙来るや黝びし槙其他

大詔や寒屋を急ぎ出づ

笹鳴の町しづかなる又よしや

ふところに砂糖は買へり寒雀

ほしいまま湯気立たしめて獨ゐむ

九年母や我孫子も雪となりにけり

雪の竹沼へ傾きはじめけり

夜の雪となりゆく町や驛に出づ

水洟や我孫子の驛のたそがれて