和歌と俳句

河東碧梧桐

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

八十神の御裳裾川露時雨

温泉烟に灯ほのかや虫の声

石段の高きのぼりぬ虫の声

蟷螂のほむらさめたる芙蓉かな

蟷螂や鉢の木古き南天に

堀止めの運河のや通ふ汐

穂芒の上飛ぶ月の狐かな

灯台のともる港や霧の中

むれ立ちて穂の飛ぶ草や赤蜻蛉

蜻蛉や線香干して鳥羽の里

海近くの下り居る田の面かな

森蔭になり行く雁の鳴く音かな

湖のしぐれに帰る燕かな

薬干す家に摘み来ぬ曼珠沙華

須磨寺や松が根に咲く曼珠沙華

雨彼岸過ぎし物日の鶏頭かな

汐焚くと鰯ひくとや須磨の蜑

凋落す双樹の下にのあり

蕎麦白き道すがらなり観音寺

棚作り藁屋の外の糸瓜かな

一年を妻の蔵めし唐辛子

草伸びて唐黍の穂に出るなり