和歌と俳句

河東碧梧桐

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

藻を刈りて泥流れ去りつ秋の水

秋の水冷々として鐘の下

秋晴て葭より高き黍見ゆる

秋日和狂ふ那須山颪かな

秋の空虎落の上を行く蜻蛉

栴檀の実の三ツ叉や秋の風

秋の雨笹青き上の平かな

山の辺に豆干す丘や百舌鳥の声

百舌鳥鳴くや醍醐の道の菊の村

掌上に天果と見ゆる木の実かな

堤の木ひよろと立つなり烏瓜

一部落那須野の菊の痩せにけり

温泉煙の朝の寒さや家鴨鳴く

谷水の地底に鳴りて夜寒かな

紅葉摺うつや高雄の這入口

朴落葉ぬるで紅葉の谷間かな

もみづるや平家の寺の櫨一木

木の間より正倉院の柿紅葉

村近く鹿の出て啼く端山かな

昼過や鳥居の前に鹿二つ

手向山紅葉に鹿を愛すかな

鹿群れて出る野分の旦かな

柳散て料理も淋し忍川

川口の塞がる冬も隣りけり

鞴踏む賑ひ過ぎて秋暮れぬ