和歌と俳句

杉田久女

前のページ← →次のページ

坊毎に春水はしる筧かな

蕗味噌や代替りなる寺の厨

咲く広寿の僧も住み替り

お茶古びし花見の縁も代替り

新船卸す瀬戸の春潮とこしなへ

新艘おろす東風の彩旗へんぽんと

釣舟の漕ぎ現はれしの上

花の寺登つて海を見しばかり

花の坂船現はれて海蒼し

傘をうつ牡丹桜の雫かな

うす墨をふくみてさみし雨の花

雨ふくむ薄墨桜みどりがち

掃きよせてある花屑も貴妃桜

風に落つ楊貴妃桜房のまゝ

きざはしを降りる沓なし貴妃桜

春昼や坐ればねむき文机

春寒の毛布敷きやる夜汽車かな

いつくしむ雛とも別れ草枕

寮住のさみしき娘かな雛まつる

健やかにまします子娘等の雛祭

寝返りて埃の雛を見やりけり

春愁の子の文長し憂へよむ

望郷の子のおきふしも花の雨

春愁癒えて子よすこやかによく眠れ