和歌と俳句

杉田久女

前のページ← →次のページ

水ぬるむ巻葉の紐の長かりし

水底に映れる影もぬるむなり

菱摘みし水江やいづこ嫁菜摘む

万葉の池今狭し桜影

摘み競ふ企玖の嫁菜は籠にみてり

添ひ下る塢舸の運河はぬるみけり

子のたちしあとの淋しさ土筆摘む

娘がゐねば夕餉もひとり花の雨

うらゝかや朱のきざはしみくじ鳩

三宮を賽しおはんぬ桜人

咲く宇佐の呉橋うち渡り

うらゝかや斎き祀れる瓊の帯

藤挿頭す宇佐の女禰宜は今在さず

丹の欄にさへづる鳥も惜春

雉子鳴くや宇佐の盤境禰宜ひとり

春惜しむ納蘇利の面は青丹さび

まだ散らぬ帝都の花を見に来り

訪れて暮春の縁にあるこゝろ

虚子留守の鎌倉にきて春惜む

身の上の相似て親し桜貝

種浸す大盥にも花散らす