和歌と俳句

篠原鳳作

9 10 11 12 13 14 15 16 17 18

向日葵に吐き出されたる坑夫かな

向日葵に暗き人波とほりゆく

大和田やただよひ湧ける雲の峯

カヌー皆雲の峯より帰りくる

夕凪や海にうつりしひでり星

夕凪をかこち合ひつつ浜涼み

浜涼み若人達は夜をあかす

遊女等もたむろしてをり月の浜

遅月ののぼれば機を下りにけり

蝉の音も人なつかしき下山かな

鶏頭は燃ゆれど空は高けれど

玉芙蓉折れてしまひし嵐かな

この秋の芭蕉の月の淋しさよ

青空に飽きて向日葵垂れにけり

向日葵の垂れしうなじは祈るかに

向日葵に海女のゆききの夕さりぬ

泳ぎ手に電車のうなり夕澄みぬ

くり舟の上の逢瀬は月のまへ

木洩日の径をしくればパナマ編み

簪のぬけなんとしてマナパ編み