和歌と俳句

富安風生

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

法師蝉一つの外はみな遠く

鵯の声の悲しむ縁起きく

藪川の月荒涼と鮭のぼる

子規の日の嵐の燈火親しみぬ

遠花火寂寥水のごとくなり

賑やかに門火を焚ける淋しさよ

露の寝の蕎麦殻こぼす侘枕

萱刈れば岩現れて怒りけり

菊日和夜は満月をかかげけり

ひぐらしの音を起したる萱の中

深空より甍を垂るる芙蓉かな

一鱗の乱れだもなき鰯雲

棗はや痣をおきそめ秋の雨

秋風は身辺にはた遠き木に

一山の清浄即美秋の雨

あるときは蓮田の上に讃岐富士

石鎚の嶮に廂す月の庵

蟲の声夜よりも透り秋晴るる

卒然と想起して野の曼珠沙華

十五夜は大雨なりし既望かな

すうと引く障子の軽きの宿

一位の実含みて吐きて旅遠し

浜菅をふみゆく旅愁かぎりなし

秋風にはだかる椴大樹

秋晴の運動会をしてゐるよ

紺ふかきの底より秋の声

流星の尾の長かりし湖の空

劫初よりここに湛へて秋の湖

ひとりふむ桟橋撓ふ秋の湖