和歌と俳句

富安風生

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

旅の寝返れば鳴る枕紙

幟立ち何にもなくて秋祭

くり返す間の遠き秋の波

さいはてと人のうたひし秋の浜

桔梗を咲かしむるまで熔岩老いぬ

きちきちといはねばとべぬあはれなり

冷かにわれを遠くにおきて見る

山桑をきりきり纏きて葛咲けり

着きし座を起つことなくて月を待つ

湯の邑の空狭長なる秋つばめ

奇はつひに凡に及ばず草紅葉

堰堤に匍ほもとほれる葛の花

出羽平稲架をほどきて冬を待つ

人通るけはひを感じ穂絮とぶ

家に居て聞こゆるをききに出づ

晩年の幸のやうやく秋晴るる

松山の襞の啣める豊の秋

コスモスや墓銘に彫りし愛の文字

赤富士の満天満地かな

信濃路は甘藷畑に立つ女郎花

籐椅子の脚にも媚びて吾亦紅

湖畔にて車前草の露滂沱たり

巌裂けて山菊をその襞に垂る

機下に展べ高を失ひ山装ふ

秋深き芭蕉の径を空ゆ見る

芋畑に白浪しぶく野分かな

木の間月葡萄剥く間も止まらず

山萩に淋漓との霧雫

霧はひて林没るる花野かな