和歌と俳句

富安風生

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

桃色の雲より落とす秋の風

粧ひて一切経はとはに燃ゆ

稲架とけば菊畦に伏し淋しがる

夜の濁り今朝とく澄みて紅葉川

なめらかに蛇ものぼりたる磴の

翠屏にたちわたる滝谺

潭壑に紫したたるの翳

峡暮れてとび散る雲にのみ秋日

秋晴や道にも敷きて伊良湖石

赤富士に滂沱たる四辺かな

赤富士に万籟を絶つ露の天

秋涼し湖の渚に瓜二葉

コスモスに遊ぶも潮来宿

無花果に田舟舫へり歌枕

義理欠きてわが身を愛す秋深し

汝がたてば紫苑の丈けの立ち揃ふ

雲の間に邃くて近し秋の天

万葉のこころに濡れて秋の草

蜆蝶ならざるものも秋の蝶

木犀を年よりの日の壺に愛す

秋雲は松の秀に触り滞る

葉月なる堅縞あらし男富士

霧こめて四顧邯鄲の声ばかり

桟橋は湖の触覚秋風

濃紅葉を古歌のまにまに手向草