和歌と俳句

富安風生

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

起ちて灯し灯して座り秋夕べ

蜻蛉の微のまぎれずに秋の天

少女期は何か食べを素通りに

鯊を釣る女の執念一途なる

盆の月お山の空は夜もあおし

盆棚のうしろは深谷霧の海

鶴翼を左右に張りたる湾の秋

歌枕ゑのころ草に碑を据ゑて

稲架かげにわが身さながらうづくまる

富士薊触れんとしたるのみに刺す

桔梗を土に横たへ新帰元

火祭を熱や熱やと轡蟲

火祭のふかく灯して上文司

火祭の幣ひろひろと御師の宿

湖の村祭してをる帰燕かな

蟲の声月よりこぼれ地に満ちぬ

伐株のおもて傾く深山霧

落日の大団円や秋の潮

豊満の美に佛性や紅芙蓉

らくがきに句碑は汚れし富士薊

女童らお盆うれしき帯を垂れ

木道に孤影わがひき秋深し

はたはたのとべるはるかに礁富士

秋の雲愁のごとく刷けるかな