和歌と俳句

富安風生

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

新涼や人老い湖に齢なし

邯鄲の鬨の寄せ来る夜の湖

邯鄲の音は湖上にも満ちにけり

雲きれて碧潭穿つ秋の天

庭として湖へ花野を傾くる

かりそめの避暑のえにしの門火かな

一片雲もて秋富士を荘厳す

車窓ふと暗きは葛の花垂るる

天高し八つの相に八ツ岳の嶮

秋の夜の奥行ふかき狭斜の燈

残る蟲石佛石に還りつつ

鳴く藪滲み出る有栖川

秋爽や茶園春より緑にて

蟲の声鬨をつくりてさしひきす

秋富士を拾ふ湖畔の潦

色名に縹色ありダムの秋

蜻蛉の一微の高き峡の空

秋の日に晒して賽の河原あり

落葉松はを淋しと立ち揃ふ

あしもとにからまるにつまづきぬ

紺天を張り一方に秋の富士

秋天に月のかけらの白きのみ